社 協 概 要

社協ってどんなところ?

社会福祉協議会(以下「社協」といいます)は、戦後まもない昭和26年から民間の社会福祉活動の充実・強化を図るために、全国、都道府県そして住民に身近な市町村へと拡大・設立されてきました。
 しかし、「社協(しゃきょう)」は、一体どんなことをしている組織ですか?とよく聞かれます。

社協は、社会福祉法第107条に「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」と規定され、次に掲げる事業を行います。
(1)社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
(2)社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
(3)社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
(4)社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業

その性格をもう少し説明すると…

地域における住民組織と公私の社会福祉事業関係者等により構成され、住民主体の理念に基づき、地域の福祉課題の解決に取り組み、誰もが安心して暮らすことのできる地域福祉の実現を目指し、住民の福祉活動の組織化、社会福祉を目的とする事業の連絡調整及び事業の企画・実施などを行います。
 また、他の市区町村、都道府県・指定都市、全国社会福祉協議会とネットワークを組む公共性と自主性を有する民間組織(社会福祉法人)―それが『社協』です。


田原本町社会福祉協議会の成り立ちと住民主体による地域福祉活動の推進

田原本町社会福祉協議会(以下「たわらもと社協」といいます)昭和38年任意団体として誕生、昭和46年10月厚生大臣認可を受け、社会福祉法人としてスタートしました。

 たわらもと社協では、住民一人ひとりが、住み慣れた地域で互いに支えあいながら、安心して暮らしていける福祉のまちづくりの実現を目指して、地域住民をはじめ、ボランティア、民生・児童委員、社会福祉や保健・医療・教育等の関係者、関係機関・団体の連携と協力のもと、一人暮らし高齢者等を対象とする福祉給食事業、車椅子・介護ベット等貸出事業、子育て支援事業としての幼児教室など、事務局専門職体制づくりに努めながら、住民主体による地域福祉活動の着実な推進に取り組んでいます。

問い合わせ

社会福祉協議会の外観
〒636−0247
奈良県磯城郡田原本町阪手336−1
TEL:0744−34−2118
FAX:0744−34−7305
mail:tawaramoto-shakyo@siren.ocn.ne.jp
休日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始